競馬入門~取り急ぎ知っておきたい10の基礎知識と内部事情

「競馬入門」へようこそ! これから競馬をはじめてみようとお考えですか? それならまずはこのサイトの「取り急ぎ知っておきたい10の基礎知識と内部事情」を読んでみてください。馬券の買い方を覚える前に知っておいてほしい競馬の夢や楽しさ、そして競馬界の内部事情をご紹介します。

*

競馬界のパイオニア・武豊騎手の歴史~社台グループとの関係

      2016/05/16

武豊。

名前だけ知っている人も多い筈。競馬界の第一人者であり、競馬ブームの火付け役でもある人気騎手です。

しかし今、武豊騎手は全盛期の半分位の年間勝利数になってしまっています。それはなぜなのでしょうか?

「競馬入門」第2回目は、そんな武豊騎手の明と暗の歴史についてご紹介します。

馬

その火付けになったレースは何と言ってもオグリキャップ奇跡のラストラン。有馬記念で見事に優勝に導いてからはより一層脚光を浴びるようになります。

オグリキャップ

武豊騎手が乗る馬は上位人気の馬が殆どで、騎乗依頼が絶え間ない時代が続きました。

武豊騎手に騎乗して欲しい。しかし騎乗出来るのは1頭だけ。馬主との関係もあり騎乗馬を選択するのにも一苦労。武豊騎手はこの時期スーパースターになっていた事をあまり感じていなかったようです。

武豊騎手は社台グループの馬に優先して騎乗していました。社台グループは日本の競馬界の中で社台グループが中心です。社台グループが生産をやめたら日本の競馬界はなり立たなくなると言われる程その存在感、影響力は大きいです。その為社台グループの馬は質が高く、騎乗したいという騎手はたくさんいます。

競馬場の風景

そんな蜜月関係の社台グループと大きな亀裂が走り、武豊騎手が今まで間違いなく手綱を握っていた社台グループ系列の馬の新馬戦の騎乗依頼が来なくなりました。漸く昨年雪解けしてから徐々に騎乗依頼が来るようになりましたが、亀裂が走っていた期間に実績を作った騎手が武豊騎手より優先して騎乗依頼が来るようになってしまいました。

馬イラスト

そのような経緯があり、今、武豊騎手は全盛期の半分位の年間勝利数になっているのです。
馬

 - 未分類